熟年の日記

熟年離婚バンコク一人ぼっちの年金暮らし

老後対策での積み立てを3つ行いましたが2つは大失敗だった。

 <私は老後対策として金融資産を三つに分散しました>

個人年金100万円の険料32000円

100万円の個人年金は65歳から一生涯受け取れます。保険料は65歳まで支払いですが国民年金より毎年の年金額が100万円と高くしかも年金額が確定している。また年間保険料が100000円までが生命保険料控除となり税金が安くなるので加入。

財形貯蓄の積立を10000円

この制度はある一定額の金利が無税なる点と銀行預金より金利が高かった点で加入。

社内預金10000円

加入当時の金利は年8%と高く銀行預金より高い為に加入。

 

積立金は合計で52000円と高く大変でしたが私が退職時には人生100年時代に突入すると予測していましたので退職時まで支払いました。

 

<退職時の3つの金融資産状況>

100万円年金の32000円

第一生命から毎年100万円を毎年バンコク銀行に送金されています。

財形貯蓄の10000円

残高90000円でした原因は大きな買物をするたびに引き出してしまった為。

社内預金の10000円

残高5000円、銀行預金の感覚で第一生命カードで現金を引き出し飲み代に消えてしまった。

 

<私が老後の準備を全て個人年金にしていたならば現在は160万年金でした>

老後資金の運用は途中の運用資金を現金化が出来る「定期預金」「財形貯蓄」「外貨預金」等は行っても老後資金の対策にならない為、個人年金の積立が2021年現在、

サラリーマンに取って最高の対策と思われます。

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain

 

2020年大手生保の誰も知らない裏話

2020年の収入保険料の大手5社の順位が発表されました。

              <億円>

第一位  第一生命   48,854

第二位  日本生命   45,261

第三位  かんぽ生命  32,455

第四位  明治安田生命 25,933

第五位  住友生命   22,243

 

第一位  第一生命

創業100年以来の快挙は生保業界初の相互会社から株式会社に2010年に変更して、株主の目線に立った近代化経営によるもので、今後も益々の発展をして最終的には大手3社の「第一生命」「日本生命」「明治安田生命になると噂されている。

第二位  日本生命

未だに操業100年以来の相互会社からの古い体質から抜け出る事が出来す。昔の保険会社の保有保険金額の順位の第一位にあぐらをかいているので生保業界第2位から永久に抜けられない。

第三位  かんぽ生命

民営化までは国営企業として躍進していたが民営化によって全く保険販売が難しくなり

全員が一丸になって犯罪すれすれの保険乗り換えを行い、保険業務停止処分を食らい経営改善を行うが、生命保険のずぶの経営者を迎えるが全く改善が出来ず10年以内に外資の保険会社に吸収されてかんぽ生命の社名は日本から消える。

第四位  明治安田生命

合併時は第三位にいたが会社に二人の社長が存在していて現在でも社内は二社体制のままで保険料収入の改善見込みは立たないが現在はライバル不在で万年の第三位は確定。

第五位  住友生命

日本生命と全くの経営スタイルですが日本生命と比べ保険継続が最悪で会社は存続するが大手5社から外れ住友生命住友グループの中で活躍していく。

 

<生命保険は一生涯の物です30年後の会社の存続を考慮して加入する物と思います>

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain

 

f:id:Jukunen:20210610182341j:plain

 

バンコクでの老後生活は厚生年金と個人年金に加入していた為、毎年66万円の預金がで出来てます

       <私のバンコク暮らしの生活状態>

<収入>

基礎年金  122140円×6回=   732,840円

厚生年金  288809円×6回= 1,732,854円

個人年金 1000000円×1回= 1,000,000円

     <合計金額 3,465,694円>

    (税引後手取り 3,094,992円) 

 

<支出> 

家賃  52,500円×12回=63,0000円

生活費150,000円×12回=1,800000円

     <合計金額 2,43,0000円>

<総合計収支>

3,094,992円2,430,000円661,992円

 

毎年66万円ずつ私の預金が増えていますそのため自分が死亡時には遺族に多額の金融資産が残せます

 

理由はバンコクは日本円の価値がバーツより2.5倍在る為です。わたしはタイ人女性から金持ちと言われており73歳になっても金目当のタイ人女性に大変なモテモテです。

 

私は保険会社に勤務している関係で現在の人生100年時代を予想していました。その対策の為100万の個人年金に加入していましたので66万円の預金が出来ています。

これから老後を迎えるはてなブログのをお読みの読者の方々が老後問題を不安を感じておりましたらお知り合いの保険会社に行って個人年金ご加入することをお勧めします。

厚生年金につきましてはお勤め先の企業によって異なりますがザックリですが

 

Aグループ大手上場企業100%

Bグループ中堅上場企業90%

Cグループ一般企業80%

を私の厚生年金金額に掛ければ出てきます

私はおかげ様でAグループに勤務していました

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain

 

 

 

 

第一生命再び日本生命を抜いて業界第一位に返り咲く

2020年度の保険料収入の順位が発表された

             <億円>

第一位 第一生命   48,854

第二位 日本生命   45,261

第三位 かんぽ生命  32,455

第四位 明治安田生命 25,933 

第五位 住友生命   22,243

業績差の金額は僅かだが業界関係者は今後も第一生命が躍進して10年以内に大手3社しか生き残れないと噂されている。

 

その理由は2010年第一生命が業界に先駆けて株式会社に変更して経営の透明化に寄る物と物と言われています。

 

<第一生命>

株主総会社長が当年度の業績を報告して株主からの意見を聞き経営に取り組んでいる

日本生命

総代会と懇親会を行い、酒を飲まして、「交通費」「豪華手土産」を渡して経営内容など一切説明せず終了させている。保険会社が100年行ってきた経営スタイルを今だ行っている。2015年度に第一生命に業績を抜かれた時は三井生命を買収してオーストリアの保険会社を買収して一時的には業績を業界第一位に帰りざくも2020年度には逆転される。

 

生命保険は自分を守る大切な一生涯の買い物です。加入した保険会社の30年後がどうなっているのかを考慮して保険会社を選択するべきと私は思います。

 

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain

f:id:Jukunen:20210617181515j:plain

 

 

 

 

タイで3つの事業を始め全て失敗した為仕事に使った不用品を持って買取り業者に行ってみた

場所はネット検索で1番の所の業者に行ってみた

さすがに店も綺麗で店員の接客は一流であった

売却品は①パソコン②革製の高級カバン③オーダーのスーツ④オーダーのワイシャツ

⑤ネクタイ⑥ネクタイピン⑦革靴⑧5バーツの郵便切手2000バーツ分タイ購入価格は約140000バーツ(日本円換算490000円)

買取り価格1700バーツ(日本円換算5950円余りの安さにビックリしましたが買って貰えなければ仕事を辞めたので処分に困る物ばかりの為1700バーツを受け取る。以外だったのは⑧5バーツの郵便切手2000バーツは買い取り不可でした。帰りにフジスーパーで高級刺身を買い今、ブログを書きながら熱燗で一杯やってます。

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain

 

コロナシリーズ第4弾「コロナの発祥の地はアメリカのロックフェラー財団か?

 ロックフェラー財団は2020年に起こりうる未来のシナリオについて衝撃的なレポートを2010年に作成していた。

<レポート1>

ハンデミック中は人と物の国際的移動が停止されお店やオフィスが従業員もお客もいなくなる状態が数か月続く。

<レポート2>

世界中の指導者たちは法律を利用して権力を強めるマスクの義務から「鉄道の駅」「空港の入り口」での体温検査まで

<私のコメント>

ロックフェラー財団は10年前に新型コロナウイルスを利用して中国を攻撃する為に中国の武漢研究所で秘密時に新型コロナウイルスを製造し2020年武漢研究所から中国人に感染させた。

②結果新型コロナは世界中に広まった。それを自由主義のリーダーたちは武漢からの感染とし中国共産党を攻撃する

③攻撃方法は連合軍による戦争で中国共産党は滅びる

④中国軍は連合軍に脅しにより米国債を賠償金として支払い戦争は起きない。此方の方の確率高い。なぜなら中国軍は張子の虎だから。

⑤どちらにしても中国共産党は中国から消滅するので中国人にとってもロックフェラー財団は世界を救う事になる

ロックフェラー財団ありがとうございます。中国共産党の脅威から世界を救ってくれて

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain

 

本日はバンコク銀行で作成したバンコク銀行のクレジットカード解約で2回目の手続きに行って来ました。

訪問したバンコク銀行の支店はエンポリアム内のバンコク銀行の支店です隣にあるアユタヤ銀行で私はアユタヤ銀行の普通預金を先週開設しましたバンコクに在住する日本人にお勧めする銀行はアユタヤ銀行と思います。アユタヤ銀行では日本人専用のコーナーがあり、全ての対応が日本語で対応出来る点です。「英語」、「タイ語、の一切話せない私はスマホの翻訳機能での会話なので今回の訪問も大苦戦しました。今回のクレジットカードの解約でタイのクレジットカードはバンコクに在住する日本人は絶対に作成はやめた方が良い点を私が利用した観点で説明します

<タイのクレジットカードのメリット>

①利用するとその場で私の携帯番号に利用金額がメールされるので店側の不正防止が完全に出来る。

<タイのクレジットカードのデメリット>

①一か月の利用金額の設定をしてその金額の定期預金が必要で「20000バーツ」「30000バーツ」「50000バーツ」「100000バーツの定期預金を

クレジットカードの解約までする必要がある

②クレジットカードの解約は3回の作業がありその作業の為、銀行に行かなければならない

③日本に帰国する時クレジットカードの解約をしますが訪問は3回必要で解約まで最低1ヶ月以上かかるので手続きを忘れた場合、銀行に預けた定期預金は没収されてしまう恐れがある。

 

 

f:id:Jukunen:20201030130449j:plain